お問合せ

さらに詳しくお店・ピピ島紹介

タイの離島ピピ島からはじめまして

タイのプーケットから45kmほどに位置する離島、ピピ島の日本人ダイビングショップ/ツアーデスク/「ダイブトライブ・ピピ」と申します。タイの国立公園に指定されているピピ諸島は高い石灰石の岩山でできた神秘的な島、クリスタルブルーの美しいビーチが数多くあり、ハリウッド映画のロケ地としてや日本のテレビ番組でも取り上げられている世界有数のリゾート地です。またダイビングスポットとしても美しいサンゴや視界360度巨大な魚の群れ、ウミガメ、数え切れない熱帯魚の魚種が見られるタイでももっとも人気のあるダイブスポットのひとつです。
当店のインストラクターは世界で最も有名なダイビング教育機関PADIアジアパシフィックの試験をパスし、認定をタイで受けたインストラクターです。

ピピ島ってこんなところ

タイの南西にあるアンダマン海に浮かぶ6つの島から成るピピ諸島は、そのほとんどが切り立った岩山で、ピピ・ドン島の平地エリア「トンサイタウン」にフェリー発着港があり、プーケットから、クラビからもフェリーで2時間、スピードボート45分でのアクセス。観光客はこのTonsaiの町にある宿泊施設や、ここから小船でしかいけないビーチ上にあるリゾートホテルに宿泊します。
ハリウッド映画のロケ地として有名になったマヤベイはピピ・レイ島にあります。この湾のビーチは現在上陸禁止、船上から眺めるだけとなっていますが、タイ政府とメディアのアナウンスにより、2020年11月に再上陸可となりました。(新型コロナウイルスの影響で変更になる可能性もあり)マヤベイが一般的に有名なビーチですが、その他にもバンブー島のビーチや、ピピ・レイ島の東側の入り組んだ岸壁の内側のピーレイ・ラグーンも皆さんに行ってみていただきたいそれはそれは美しい場所です。

ダイブトライブ・ピピお店紹介

私どもの店はピピ島のフェリー発着の桟橋があるメインの町「トンサイタウン」にあり、桟橋から徒歩3分という好アクセスの立地。トンサイタウンは自動車もバイクもなく、ゆっくりとした時間が流れる常夏のバザールのような島です。港に着くとすぐみなさん驚かれるのがマクドナルドとセブンイレブンがあること。タイの都市銀行の支店もATMも両替ショップ、お土産物露店、レストラン、バーはこのトンサイタウンなら充実しています。トンサイタウン以外のエリアにお泊りの方はここからボートを乗り換えて行くことになります。

当店のサブテーマは「Boutique Diving & Co-living」。ブティックというと小さな洋裁店という意味を思い浮かべる方がいらっしゃると思いますが、他にも「専門的な」、「質の高い」といった意味もあります。お店も以前ホテルとして使用されていた建物を改築し、内装も日本人オーナーが細かくオーガナイズ、発注しました。いつも清潔で居心地のいいスペースである事をスタッフ同士共有しています。

特にこういう東南アジア地域でのさらに離島での水周りが汚かったりするのを苦手とする方も多いと思います。オーナー本人もこの地でほとんどのダイビングショップを利用した事がありますが、そこまで気が回っていない事に怪訝、幻滅していました。また、離島あるあるで、シャワーの水が海水混じりだったりする事がほとんどで、シャンプーが泡立たない。。。浴び終わった後でも髪が硬くなっているなんて事も。。

そんなトラブルを解消したく、上水道は独自に資金を費やし、100%純水を引き、温水シャワールーム/ドレッシングルームトイレを新築しました。ダイビング後にこのシャワールームとバスタオル、ヘアドライヤーを無料お貸し出ししています。島を出発する最後の日の朝でもお荷物を預かりしますから、フェリ−15分前にお店を出れば充分出航に間に合います。

器材の管理をする専任スタッフが常駐、タンクの充填ステーションも持ち、安全に管理しています。お客様の自己器材の管理も滞在中、私どもにお任せください。
ダイビング器材のレンタル費は無料。コンパスやダイブコンピュータもお気軽にお申し付けください。

夜のお店の模様です。毎年ダイブマスターを目指して滞在する日本人候補生もおり、ダイビングの質問、お勉強をしていたり、

滞在中のお客様たちは夜にお店にふらっと戻ってこられる事が多く、飲み会が始まったりします。お隣のタイ料理屋さんに料理をオーダーすると持ってきてくれます。このお店はタイ在住の方が大絶賛するほどの美味しいお店で、本当にオススメです。お客様同士の交流、憩いの場としてもどうぞ。トンサイエリアに宿泊されれば、徒歩でホテルまで帰れます。

ダイブトライブ・ピピのボート

日本人のオーナーが専有する当店のボートは2階建てで居室(キャビン)シャワー、トイレを有し、アッパーデッキにも飲食が可能なテーブル、防水ビーズクッションを配置しました。水面差がほとんどないように考慮、最も簡単にエントリーできるダイビングデッキです。ダイビング以外の利用でも会社や学生旅行、用途はピピ諸島観光や、パーティー、フィッシングでのお貸し出しもしています。ダイビングでの利用時は10名を最大とする少人数制、それ以外の利用では15名を最大としています。

ピピ島への行きかた

ピピ島はタイに77県あるクラビ県の島々です。プーケットの方がリゾート観光地として有名ですが、ピピ島へ真っ直ぐ目指すなら、クラビ空港からの方がフェリー乗り場へは近くて交通費も安めです。当店はタイ政府の観光業認可を受けていますから、プライベートタクシーか相乗りミニバンでの空港送迎、フェリーチケットの手配も可能です。またピピ島での宿泊ホテルのご相談もお気軽にどうぞ。ご予算、条件に応じたホテルをご紹介いたします。T.A.T No.(タイ政府旅行業務登録番号)32/01134